Web業界で生き残る フリーランス Webデザイナーになる方法。

Googleアナリティクスのデータを無くさないために!設定確認しておこう!

フリーランスWebデザイナーのSEOの知識

今朝、Googleアナリティクス チームから

[ご対応ください]
Google アナリティクス データの保持と一般データ保護規則に関する重要なお知らせ

というメールがきていました。

すごーく難しい文章ですが、大事なところだけ抜き取ってみると

2018年5月25日から詳細な管理が可能なデータ保持設定を導入しますよ。

Googleアナリティクス データを保管するための期間が設定できるようになりましたよ。

ということ。

逆に言えば、設定しておかないと過去のデータは消えてしまうのでデータの保管期間は確認しておきたいですね。

メールにはどこで設定するのかは書いていないので、早速調べてみました。

参考サイト

Googleアナリティクスのデータが26ヶ月で消える!?データ保持期間を延長する設定変更手順

データの保持の設定変更手順

Googleアナリティクスにログインして
以下の赤枠の「管理」をクリック

Googleアナリティクスデータ保持設定方法その1

 

「トラッキング情報」をクリックしてメニューを開き「データ保持」をクリック。

Googleアナリティクスデータ保持設定方法その2

 

以下の赤枠から保存したい期間を選んで保存します。

Googleアナリティクスデータ保持設定方法その3

 

個人的にはアナリティクスは毎日チェックしますが、遡ってデータを確認するのは1年前くらいまでかな。

しかし、Googleアナリティクスのデータ 保持期間があるということはフリーランスWebデザイナーの知識として持っておきたいことですね。

Googleアナリティクスは定期的に仕様が変わり、新しくなりますし、日々さわる、データを見て、過去と現状を比較・分析するってことがWeb制作のスキルアップには大切だと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Pocket
LINEで送る

関連記事

この記事を書いた人

Tomoko Fukumoto

フリーランスWebデザイナー・Webスクール講師。 子育てをしながら、趣味で始めたネットショップからWebを活用したビジネスの楽しさにはまり、Web屋の道を歩む。 Web制作業務の傍ら、Webデザインのオンライン動画講座「Webクリエイターズチップス」を設立。 フリーランスでWebデザイナーを目指す方々のサポートに注力している。

Webデザインを学ぶ

  • WordPressオリジナルテーマ作り方講座
  • レスポンシブWebデザイン作り方講座

タグ

メールマガジン

Webデザインのスキルを収入にするフリーランス向けメルマガです。

リアルにどんな考えで、どんな情報を重点的に集め、
具体的にどう動けば、Web業界で生き残る、安定した収入を得られる、
フリーランスWebデザイナーになれるのか?

あなたが、その方法を得られる内容になっています。
ぜひご登録下さい!

メルマガ登録フォームはこちら