Web業界で生き残る フリーランス Webデザイナーになる方法。

意外と書けそうで書けないフリーランス「自己紹介」の作り方

フリーランス「自己紹介」の書き方

自己紹介を書くのは以外に面倒で、気恥ずかしいことかもしれません。

しかし、フリーランスの仕事は自分の存在を知ってもらわないと始まりません。

あなたの活動をたくさんの人に知ってもらうための、「自己紹介」はとっても重要です。

なぜなら、何者かわからない相手には、興味も持てないし、仕事を頼めないからです。

私たちがモノやサービスを購入する時はどんなときでしょうか?

何か悩みがあって、それを解決するためにモノやサービスを購入する。

大手企業や有名メーカーのものは、相手が何者かをよく知っているので、安心して買う。

では、個人から買おうとする時は?

その人の持つ経歴や考え方、仕事に対する姿勢、サービスへの思い入れ、に共感し、

この人なら私の悩みを解決してくれるかもしれない。

この人なら頼りになる。

この人に制作を依頼したい。

そう感じた時、「問い合わせボタン」や「申し込みボタン」をクリックするという行動に移るのではないでしょうか?

あなたも、「何者なのか?」わからない人からはモノやサービスは購入しませんよね。

フリーランスで収入を得るということは、

仕事の依頼。サービスの申し込み。

というアクションを起こしてもらうこと。

そのためには、あなたが「何者なのか?」を伝える「自己紹介」が必要なのです。

響く自己紹介を書くコツ

「自己紹介」を書くコツ

普段から「自分をアピールするには」という思考の癖をつけておく。

さぁ、「自己紹介を書こう」と紙やパソコンの前に座っても、なかなか書けるモノではありません。

普段の何気ないときにでも、私ってこういう人自分をこんな表現で紹介してみよう・・・

などと考えておき、浮かんできた言葉を書き出し、整理していくと、良いと思います。

教科書に書いてある言葉ではなく、自分の言葉で書くほうが、読む人に伝わる自己紹介になります。

活躍している人の自己紹介をよく観察する。

その中で、どの部分が魅力に感じたか?人物像が伝わりやすかったか?を意識してみるとよいですよ。

こんな表現や自己アピールがあるのかという発見にもなります。

自己紹介を書くことのメリット

フリーランス「自己紹介」を書くメリット

  • 自己紹介を書くことで、過去・現在・未来の自分を見つめ直すことができる。
  • あなたの活動に興味を持ってもらえる。
  • 魅力を感じてもらえる。
  • 共感してもらえる。
  • あなたしか持っていない、あなたの世界観を伝える文章を書くための練習にもなる。

実践ワーク!

自己紹介を書いてみよう!

あなたの経歴、これまで、日々、どんなことを考え、現在のスキルを磨いてきたのか?

現在は、そのスキルで「誰に」「何を」伝えることができるのか?

未来は、何を理想とし、そのスキルを使っていくのか?

最初は上手く書けなくてもいい。

自分で書く自己紹介ですから、後から何度でも書きなおせばいいのです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Pocket
LINEで送る

関連記事

この記事を書いた人

Tomoko Fukumoto

フリーランスWebデザイナー・Webスクール講師。 子育てをしながら、趣味で始めたネットショップからWebを活用したビジネスの楽しさにはまり、Web屋の道を歩む。 Web制作業務の傍ら、Webデザインのオンライン動画講座「Webクリエイターズチップス」を設立。 フリーランスでWebデザイナーを目指す方々のサポートに注力している。

Webデザインを学ぶ

  • WordPressオリジナルテーマ作り方講座
  • レスポンシブWebデザイン作り方講座

タグ

メールマガジン

Webデザインのスキルを収入にするフリーランス向けメルマガです。

リアルにどんな考えで、どんな情報を重点的に集め、
具体的にどう動けば、Web業界で生き残る、安定した収入を得られる、
フリーランスWebデザイナーになれるのか?

あなたが、その方法を得られる内容になっています。
ぜひご登録下さい!

メルマガ登録フォームはこちら